本文へスキップ

次世代イケメン発掘エンターテインメント

お問い合わせTEL.03-5545-5542

info@boysstation.com

イベントレポートnews

2017年7月15日(土) GIRLS STATION Vol.7 / Season July,[High wall]



イベント概要

【会期】2017年7月15日(土)
【内容】ライブ&エンターテインメント
【MC】飛石連休、さな、メイリ
【出演者】シブヤDOMINION、茉莉花、白星☆ウィクトーリア、kotohana、伊藤桃、sherry、他





Text Repo

レポート:今井泰文/カメラ:本多利也



2部のMCは1部と同じくさな、飛石連休、メイリ。

プレゼントは、1部と同じくVIP席は出演者のサイン入りTシャツおよびチェキ券1枚、キーワードは出演者全員のサイン色紙および記念撮影。

人気投票1位の出演者には曲間映像配信、2回優勝でカラオケ配信権が進呈される。


トップバッターはダンスヴォーカルユニット、シブヤDOMINION。前回は6人だったが今回8人での参加。

各メンバーのイメージカラーをまとったへそ出し衣装で登場。へそ出しの時点で期待大。

ふたを開けたら、期待通りとてつもなくすごかったのである。

ファンの熱量が半端なく、花道のそばまで来て盛り上げる場面もみられて一体感をまざまざと見せつけられたのである。


2組目は茉利花(ギターサポート:加藤利樹)。

1組目のダンスヴォーカルから一転。ギターとともにしっとりと大人の雰囲気を醸し出していたのである。

このまましっとり路線かと思いきや、最後の曲はアップテンポで意表を突かれたのである。

ダンスヴォーカルとは一線を画し、歌唱力勝負で自信の現れが伝わってきたのである。


3組目は1部に続いての出演の白星☆ウィクトーリア。

野球がコンセプトということでバットを持って登場。

1部とはセットリストが異なり、両部参加のファンを飽きさせない工夫もみられたのである。

1部同様ファンの熱量がすごく、会場がヒートアップしたのである。

個人的にはこの2部の方が盛り上がったように思う。


4組目は1部に続いての出演のkotohana。

1部では女性ファンも多かったが、一転して2部は男性ファンが圧倒的に多い。

ステージの近くまで駆け寄るファンも見受けられ、1部よりも熱量が高くて痺れたのである。

「言葉に華を」のコンセプト通り華いっぱいのパフォーマンスになったのである。


5組目は鉄道アイドルの伊藤桃。

JR線全線完乗経験があり、さすが鉄道アイドル。

ひらひらの衣装で登場。衣装から鉄道アイドルとは想像がつかない。

ファンの熱量が半端なくて彼女の歌声よりもファンの歓声の方が大きくびっくりでした。

かわいらしさと力強さを併せ持っていて、今後は鉄道ファンも獲得できるか楽しみである。


トリは1部に続いて出演のsherry。

1部の白衣装とは一変、2部はシックな黒衣装で登場。

セットリストが1部と異なり、両部参加のお客さんを飽きさせない工夫もさることながら、衣装によって同じ曲でも雰囲気が異なるように感じたのである。

ちなみに1部では爽やかさを、2部では艶やかさを感じられた。


アーティストのステージが終わり、全出演者がステージに登場してドキドキの結果発表。

シブヤDOMINIONが初めての優勝。見事パセラ全店で流れる曲間映像をゲットしたのである。

1部同様、VIP席とキーワード抽選が行われ、それぞれ景品をゲット。

写真撮影で今回のGIRLS STATIONの幕を閉じたのである。

次回のGIRLS STATIONをお楽しみに。


EventPhotos

イベント会場

バトゥール東京



スタッフ写真

stage info.

BOYS STATION

パセラリゾーツバトゥール東京
東京都新宿区歌舞伎町2-4-10 KDX東新宿ビル1F
→アクセス