本文へスキップ

次世代イケメン発掘エンターテインメント

お問い合わせTEL.03-5545-5542

info@boysstation.com

イベントレポートnews

2017年7月15日(土) GIRLS STATION Vol.6 / Season July,[High wall]



イベント概要

【会期】2017年7月15日(土)
【内容】ライブ&エンターテインメント
【MC】飛石連休、さな、メイリ
【出演者】kotohana、1Week、sherry、白星☆ウィクトーリア、東京23区ガールズ、他





Text Repo

レポート:今井泰文/カメラ:本多利也



今回も前回に続きGIRLS2部、BOYS1部の3部構成。

MCはさな、飛石連休、メイリ。飛石連休とメイリは初MCで、さながメイリをフォローする場面も。

今回もVIP席、キーワード抽選があり、VIP席は出演者のサイン入りTシャツおよびチェキ券1枚、キーワードは出演者全員のサイン色紙および記念撮影がそれぞれプレゼントされる。

人気投票1位の出演者にはパセラ全店で流れる曲間映像配信、2回優勝するとカラオケ配信権がそれぞれ進呈される。

今回は出演者集合なしでアーティストのステージが始まったのである。


トップバッターは「言葉に華を」がコンセプトの声優ヴォーカルユニット、kotohana。

白のひらひら衣装で登場。声優らしくアニソンでファンのサイリウムとともに盛り上がった。

ファンには女性の姿もみられ、言葉だけでなく衣装やダンスにも華が感じられたのである。

眠気が吹っ飛ぶくほどの勢いで今後も楽しみである。


「働く女性を応援」がコンセプトの3人組、1week。

それぞれのイメージカラーのワンピースで登場。

大人の女性の雰囲気を醸し出しながらも、アップテンポの曲で会場を盛り上げたのである。

ラストの3人で作詞した曲は先ほどのアップテンポから一転してしっとりと。

ステージ終了後のMCでは衣装を忘れて焦ったことを暴露していたけど、忘れたとは感じさせずさすが。


2人組ダンスヴォーカルユニット、sherryは白衣装で爽やかに登場。

大人の雰囲気いっぱいで、ドラゴンボールのテーマソング「ロマンチックあげるよ」では腰振りのシーンもみられてセクシーさも披露。

熱心なファンがかなり盛り上げていて、より一層一体感を感じられたのである。


野球をコンセプトに結成されたユニット、白星☆ウィクトーリア。

ピンクレディーの「サウスポー」という懐かしい曲から始まり、ラストの「party night」まで、まるで現代に戻っていくかのように走り抜けていった。

さらに、熱狂的なファンの盛り上がりが会場のヒートアップに拍車をかけていたのである。

ステージ後のMCではさなが元ミニスカポリスだと暴露し、メンバーにも元ミニスカメンバーがいて会話に花が咲いたのである。


トリは前回1位の東京23区ガールズ。

前回は1人体調不良で選抜メンバー2人での登場でしたが、今回は3人での登場。

前回も盛り上がっていたけど、今回は前回以上にファンの盛り上がり方が半端ない。

ラストの曲ではファンが花道のそばまで来る場面もみられ、観ている私も度肝を抜かれたのである。

まさにアーティストとファンの一体感を見せつけられたのである。


アーティストの全てのステージが終わり、全出演者登場。

集計待ちの間、白星☆ウィクトーリアのメンバーに「セ・リーグとパ・リーグの違いがわからない」などの天然発言に会場がびっくりするシーンも。

集計結果が出て、ドキドキの結果発表。

優勝は東京23区ガールズ。前回に続き通算2度目の優勝で、パセラ曲間映像に加えてカラオケ配信権もゲットしたのである。

通算2度目の優勝はGIRLS史上初で、喜びのポーズとともにGIRLS STATIONの歴史に刻まれたのである。


EventPhotos

イベント会場

バトゥール東京



スタッフ写真

stage info.

BOYS STATION

パセラリゾーツバトゥール東京
東京都新宿区歌舞伎町2-4-10 KDX東新宿ビル1F
→アクセス